絵本[ミーちゃん]
さく・え – うよたかやま

絵本[ミーちゃん]に関心を持って頂きありがとうございます。絵本の設定や制作背景などご紹介します。

絵本[ミーちゃん]中面ページ
絵本[ミーちゃん]中面ページ

 

 

インスピレーション:

設定は、日本が経済成長の元気なムードにあった196070年代をベースに、現代のタッチで描かれています。

主人公の Me(私)ちゃんは、ひとりっ子で人見知りの女の子です。物語はMeちゃんとお母さんが、おばあちゃんらと一緒に暮らしていた家を出て自立するところから始まります。Meちゃんのお母さんはシングルマザーですから、少し一般的な家庭とは違います。多様な家族の在り方(特に子どもの想いと親との絆)を大人から子どもまで知って頂く機会になったら良いなと思っています。

当時と今に通ずる家庭や社会のトピックに焦点をあてて、物語を続けていきたいと思っています。続編では、ミーちゃんが学校生活を初め色々なものと闘っていきながら成長していきます。

 

どういった方にお薦めしたいのか:

お子さんだけでなく、大人の方にも読んで頂きたいです。世界には多くの人が存在し多様な生活を送っています。静かに気づかれずに人生を終える人も沢山居ます。その中でも、子どもを持ち明るく人生と奮闘している人々の姿を通して、読んだ方には優しい気持ちと希望を持って頂きたいと考えました
物語にはさまざまな家族に対する肯定と応援のメッセージが含まれています。

 

嬉しいご報告:

国際児童書フェスティバル [NAMI コンクール 2021] にて、こちらの絵本[ミーちゃん]文・絵:うよ高山:[Me chan (Means Miss Me)] Text & Illustrations Uyo Takayama をショートリスト(最終選考) に選んで頂きました。(世界95ヶ国 2069名の応募の中から50名が選ばれました。エントリーにはストーリーも含まれています。)
2021年度のフェスティバルでの展示やカタログに絵本の一部が紹介されます。ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

レビュー:

そして、子どもから大人の方まで楽しんで頂ければ、嬉しいです。
大人の方からは、「泣きながら読んだ」「とにかく優しい気持ちになった」「落ち込んでいた気分だったが元気になった」「続きが気になって仕方ない」などメッセージを頂いています。

3歳のお嬢さんに読み聞かせをして頂き、お嬢さんの反応を詳細にメールしてくださった方もいました。ありがとうございました。とても嬉しかったです!

 

お取り扱い状況:

絵本[ミーちゃん]は当サイト内の WEB SHOP の他、下記の書店さまで置いて頂いています。

・日本国内 Readin’ Writin’ BookStore さん (日本語版)
・海外 Alf and Lou Bookstore さん (英語版)4月2日から販売開始

是非一度ご覧になってみてください。
続編も制作中です。どうぞよろしくお願い致します。