こんにちは。

今日は絵本に関するお知らせです。

海外の小説[Anything But a Dog / エリザベスと奇跡の犬ライリー]を日本語版に翻訳出版された[トーチの会]の皆さまが、病院や図書館、学校などで、より多くの方に気軽に手にとって頂けるように絵本にしてはどうか?という事で、今回私は絵を担当させて頂く事になりました。

この、原作小説は、実話を元に小説にしたもので、サイトメガロウイルスによる母子感染症による先天性の障害と共に産まれてきたお子さんを持ったリサ・ソーンダースさんが書かれたものです。
シビアな状況ながら、沢山の面白くて可笑しい動物や人物が次々に現れ、前半はワクワクする内容です。悲しいお話では有りますが、ソーンダースさんが自身との闘いの中から本当に大変な状況に置かれた時に、どのような心を持って乗り切っていったら?とそっと道を示してくれるような、多くのプレゼントが詰まっている本でも有ります。

絵本の方は、原作小説とはまた違った切り口で、心に残る永く愛される絵本を目指しています。多くの方に手にとって頂いて、一人でも多くの方がこの病気と感染予防法を知ってもらうキッカケになるように、同じ悲しい思いをする母子が少しでも減るように、そしてみんなが助け合える優しい社会になりますように。というチームの願いが込められています。
この絵本化プロジェクトに賛同していただける方を募っており、クラウドファンディングを4月25日迄開催しています。発売になってからご購入いただくより大分お得なプランをご用意していますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。よろしくお願いいたします!!

クラウドファンディングのページ(世界の本を翻訳出版されている「サウザンブックス社」さん主催)
トーチの会(トキソプラズマとサイトメガロウイルスによる母子感染症予防の認知活動の為の患者会)
👶❤️🐶
[エリザベスと奇跡の犬ライリー]絵本プロジェクトの活動、途中経過のご報告です。
ぜひ一度ご覧になってください。
ライリーとエリザベス-キャラクター設定
ライリーとエリザベス-キャラクター設定

 

こちらの絵は、これから多少変化していく可能性が有ります。どんな絵本になるのか、ご支援頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します!