味わいのある、ユーモラスな世界を
表現していきたいと思っています。


このテイストでのお仕事への展開は、
[works]内の[Type1]でご覧頂けます。


左側のメニューから、ご覧になりたい作品のiconをクリックしてください。

*

 

 

 

 

 




home